返済方法と金利の計算方法

キャッシングをする人たちは、金利の事を知っておいてください。

 

金利の事をしっかり意識する

金利ってなんなのでしょうか。みなさんは、利息という言葉を多く使用される時もあるのかと思います。この金利と利息の区別がつかない人たちが実際には多くいます。キャッシングするのだから、この程度の区別はつくようにしていただきたいと思いますね。ちなみに、利息と利子という言い方は同じです。
○○%と書かれてあると思いますが、その部分は、金利です。金利で計算をして、○○円になるという具体的なものが、利息です。実際に支払いをしなければならないお金の額です。

 

単純な計算式を覚えておきましょう

金利、利息の繋がりとして、単純な計算式を覚えおきましょう。最低レベルでこの数式程度が頭にあれば大丈夫です。
元金×金利÷365日で、一日における利息の計算が出来ます。そこに30をかければ、一ヶ月に支払いしなければならない利息です。

 

金利は借り入れする業者に寄って違う

金利は、業者によって違うという事をしっかり理解していただきたいと思います。
一番、金利が低く設定しているところは、銀行です。銀行カードローンが一番低金利で、次に銀行系カードローン、消費者金融のキャッシングと続きます。銀行のカードローンは3%から15%、キャッシングの平均的な金利水準が、5%〜18%という違いがあります。
ただし、ただ金利が低いと銀行に飛びついても簡単に審査に通らないというデメリットがあります。一番、審査がゆるいのは、金利の高めの消費者金融なのです。

 

返済の方法について考える

残高スライド元利定額返済方式というものがあります。借り入れ残高によって、毎月の返済額増減して行く方法です。
他には、元利定額リボルビング方式というものがあり、こちらは固定返済額を返済し続ける方法です。
元金定率リボルビング方式とは、毎月の返済元金が定額ですが、それに借入残高に応じた利息を上乗せして返済をして行きます。この方法なら、支払いに対して、元金に充てられる割合が高く、返済期間が短くなるというメリットがあります。 ただし、毎月返済額も高くなってしまうのです。

 

それぞれメリットデメリットがある

みなさんに一番あっている返済スタイルはどれなのでしょうか。 ポイントは、毎月の負担額であり、負担が軽くなれば、支払い月が長くなるというデメリットを抱えている事です。更に、判りやすいという方法を選択してください。